お座敷車(ナロ801/802) Ozashiki-ressha

イベント列車でも大活躍する
畳敷きの特製車両。

お座敷車は、昭和初期に国鉄で好評だった和式客車。お客様にSLの旅を満喫していただくために、昭和30年初期に西武鉄道で作られた電車をベースに製造(改造)された客車です。内部は“たたみ”が敷かれた客室となっています。ナロ801は昭和55年1月から、ナロ802は昭和60年12月から使用を始めました。
イベント列車運行時にも活躍しています。

主要スペック

  • 全長:20.000m
  • 全幅:2.870m
  • 高さ:3.965m
  • 重量:29.7t

展望車802(スイテ821) Tenboh-ressha

ソファでくつろげる
ちょっと変わった客車です。

お座敷車と同様にSLの旅を満喫していただくため、元々は西武鉄道で走っていた電車を全面改造し、1982年に運用が始まりました。
スイテの「イ」は一等車を意味しますが、客車の一端に開放式の展望デッキを設け、客室内にはソファを置き、往年の国鉄一等展望車仕様(窓の下の白い帯は一等車を示します)にしてあります。4人用の個室も1部屋ついており、ブライダルトレインや各種イベントの際に活躍しております。

主要スペック

  • 全長:20.000m
  • 全幅:2.870m
  • 高さ:3.965m
  • 重量:29.7t
▲ ページのトップへ戻る