転車台を見学しよう

SLが上りも下りも進行方向を向いて走行するために、新金谷駅と千頭駅には転車台が設置されています。
大きなSLがぐるりと方向転換する様子を見学してみませんか?

新金谷駅転車台

平成23年10月に完成した“ハイブリッド式”の転車台。人の力で回すことも、
電気(モーター)の力で回すこともできます。これによりSLの始発駅及び
終点駅に1対の転車台が配置できたことになり、つねにSLの顔を正面に向けて運転することができるようになりました。

新金谷駅転車台 転向開始時間の目安

かわね路12号運転日 新金谷14:53着15:00頃〜
かわね路14号運転日 新金谷15:27着15:35頃〜
かわね路2号運転日 新金谷16:09着16:20頃〜

列車の進行状況等により予告なく変更の場合があります。ご了承ください。

033_07

千頭駅転車台

明治30年イギリス製、国内の同国製転車台で製造所が判明している現存最古のもの。 昭和55年に新潟から大井川鐵道へ移設され現在もほぼ毎日使用されています。 こちらは新金谷駅転車台とは異なり人力のみで回します。(一社)日本機械学会認定「機械遺産」。

千頭駅転車台 転向開始時間の目安

かわね路11号運転日 千頭11:13着11:25頃〜
かわね路13号運転日 千頭11:52着12:20頃〜
かわね路1号運転日 千頭13:09着13:40頃〜または14:10頃〜

列車の進行状況等により予告なく変更の場合があります。ご了承ください。

033_10
▲ ページのトップへ戻る