010_03

アプト式列車に乗る

大井川上流部・奥大井の渓谷をゆっくりと走る日本唯一のアプト式電車、南アルプスあぷとライン。大井川水系のダム建設のために作られた歴史を持ち、今は奥大井の観光列車として運行しています。90パーミルという日本一の急勾配や、日本一の高さの鉄道橋(関の沢橋梁)、日本唯一の湖上駅など、見どころがたくさん。赤いトロッコ列車に乗って、自然豊かな奥大井の旅をお楽しみください。

左右にスクロールしてご確認ください

おことわり

2016年3月現在、接岨峡温泉〜井川は土砂崩れのため運休いたしております。運休区間運行再開は2016年11月頃になる見込みです。皆様には大変ご迷惑をお掛けしておりますが、もう暫くお待ち頂ければ幸いです。

アプト式列車の楽しみ方

アプト式

アプト式とは、カール・ロマン・アプトさんが発明した、急勾配を上るための鉄道システム(ラック鉄道)の一種です。ラック鉄道は1869年頃からスイス・アメリカで実用されはじめ、世界に広まり、今ではスイスの観光鉄道が世界的にも有名です。現在日本でこのアプト式列車に乗ることができるのは、大井川鐵道の南アルプスあぷとラインだけです。アプト式機関車には「ラックホイールピニオン」という坂道専用の歯車が付いていて、線路の真ん中に敷設された「ラックレール」という歯形レールを噛み合わせて坂道を上り下りします。

車両

もともとは水力発電所建設の資材運搬用トロッコとして建設された南アルプ スあぷとライン。山あいを縫うようにカーブ箇所が多く、トンネルも小さいので、それに合った小型車両を使用しています。 シーズンには展望車も連結します。

アプト式機関車

南アルプスあぷとラインの“アプトいちしろ駅”〜“長島ダム駅”間は、日本の鉄道路線で最も急な区間となっています。この坂を登るため、列車にアプトいちしろ駅でアプト式機関車を連結します。それぞれの駅では列車から降りて連結作業をご覧いただくことができます。

車内放送

走行中、車掌が車内放送で井川線沿線の見どころをご案内いたします。四季折々の沿線の景色や名所をお楽しみください。

奥大井の眺め

南アルプスあぷとライン沿線は、南アルプスエコパークにも認定された自然 豊かな地域。「奥大井湖上駅」や「関の沢橋梁」など、山岳鉄道ならではの 光景をお楽しみいただけます。

南アルプスユネスコエコパーク公式サイト

▲ ページのトップへ戻る