ニュースリリース

2020年9月2日

9月中の合計6日間、EL(電気機関車)が昭和生まれのレトロな旧型客車を牽引する ELかわね路号を運転いたします。EL旅客列車は昭和20年代~50年代を中心に当時の国鉄主要路線で走っていた列車の形態で、蒸気機関車が客車を牽引するSL列車とはまた少し違った昭和の雰囲気を創り出しますのでご期待ください。

運転概要

運転日

2020(令和2)年9月5日(土)6日(日)12日(土)19日(土)20日(日)21日(月・祝)+28(月)

運転時間

SLかわね路号と同じダイヤで運転します。

  • 新金谷駅発 11時52分 → 千頭駅着 13時09分
  • 千頭駅発 14時55分 → 新金谷駅着 16時11分

運賃

ご乗車区間の運賃+EL急行料金(大人 500円、小人 250円)

座席指定券について

ELかわね路号は座席指定につき事前予約が必要です。以下空席情報をご確認のうえお電話(0547-45-4112)にてご予約ください。
※運転日当日、空席があれば当日券を発売します。

お問い合わせ、ご予約

大井川鐵道 営業部
電話:0547-45-4112(9:00~17:00受付)


EL牽引列車について

EL(電気機関車)がけん引する旅客列車は大変珍しく、日本全国でも大井川鐵道井川線の一部区間(長島ダム~アプトいちしろ 1.5km)と黒部峡谷鉄道(富山県 20.1km)の2路線のみです。

使用ELについて

1986年(昭和61)年製のE31形を充当します。E31形は西武鉄道で活躍していた電気機関車。製造年度こそ新しいものの、台車には1950(昭和25)年製造の国鉄80系電車のものを再利用しており、歴史ある形式のDNAを引き継いだ貴重な車両です。


ELの魅力①外観

E31形には運転台の上についた左右対称の2灯ヘッドライトがついており、塗装は異なりますがブルートレインの牽引機として全国各地で活躍した国鉄の電気機関車を彷彿とさせます。大きさは国鉄形電気機関車の半分ほどですが、今はなき電気機関車たちにイメージを重ねてみてはいかがでしょうか。

ELの魅力②音

電車よりも大きなモーターを搭載し、その音は客車まで響きます。SLや電車とは異なる、重々しくも力強い音を楽しむことができます

ELの魅力③客車

SLかわね路号でも利用される、旧型客車を充当します。ELと旧型客車の組み合わせでは昭和50年代まで東北地方で運転されていた客車列車に馴染みがある方もいらっしゃるかと思います。
天気の良い日は窓を開け、全身で大井川からの涼風を浴びることができます。煙が出ないのでトンネルでの開け閉めも必要ありません。

▲ ページのトップへ戻る