トーマス号に乗って奥大井を満喫する一泊二日コース

トーマス号に乗った後は、美女づくりの湯「寸又峡温泉」に宿泊し、2日目に井川線に乗って巨大な長島ダムを見に行きます。2日間で大井川沿線をじっくりとお楽しみいただける充実のコースです。

014_03

1日目

012_07

まずは普通電車で、JR東海道線と接続している金谷駅から新金谷駅へ。
約5分で新金谷駅に到着します。

新金谷駅に到着すると隣りのホームにはトーマス号が停車中。テンションが上がります。

【マイカーでお越しのお客様】
マイカーでお越しの方は、新金谷駅からご乗車ください。駅アナウンスに従って改札口を抜けるとホーム2番線でトーマス号が出発を待っています。本物のトーマス号の姿に大人も子供も大興奮。トーマス号は全席座席指定です。乗車券記載の指定番号で号車・座席番号を確認して乗車してください。

千頭駅に到着したら右側の「南アルプスあぷとライン 井川線のりば」をとおり、駅構内にある「トーマスフェア会場」へ

トーマスフェア会場内ではパーシーやヒロなどトーマスの仲間たちがみんなを待っています。 転車台(ターンテーブル)でトーマスが進行方向を変更する作業はシャッターチャンスです。

その後、千頭駅前から路線バスに乗って寸又峡温泉を目指します。

 

バス下車後、死ぬまでに渡りたい吊り橋ベスト10入りした「夢の吊り橋」を散策します。
エメラルドグリーンの湖面は吸い込まれるような美しさです。

宿泊先に入ってくつろぎましょう。

sumata-model-02

2日目

012_13

寸又峡温泉からは路線バスに乗って昨日の道を戻ります。

今日は途中駅、奥泉駅で下車して、井川線(小さな赤いトロッコ列車)の到着を待ちます。

井川線では、日本唯一のアプト式鉄道区間を体験し、長島ダム駅まで乗車。

長島ダム駅からは巨大な長島ダムが大迫力で迎えてくれます。

ダムの水を放水する時にその飛沫(しぶき)がかかってしまう「飛沫橋」や、ダム資料館「長島ダムふれあい館」や芝生広場の「四季彩公園」などが見どころです。

折り返し、長島ダム駅から井川線に乗車して千頭駅を目指します。

 

千頭駅からは普通電車で金谷方面へ、時間が合えば途中、川根温泉笹間渡駅で下車して川根温泉ふれあいの泉に寄って行くのもオススメです。

マイカーでお越しの方は、新金谷駅で下車して下さい。

JR線ご利用の方は、そのまま終点の金谷駅までご乗車下さい。

012_14
▲ ページのトップへ戻る