ニュースリリース一覧

2019年6月20日

SLかわね路号 車両不具合によるEL代走運転について

蒸気機関車の車両不具合のため、定期SL列車「かわね路号」の運転計画を変更し、7月5日(金)までの間、蒸気機関車(SL)にかわり電気機関車(EL)の牽引による代走運転を実施します。
期間中、SL列車へのご乗車を楽しみにされていたお客様にはご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。

代走期間

2019(令和元)年6月16日(火)~7月5日(金)

運転時間

SLかわね路号と同じダイヤで運転します。

  • 新金谷駅発 11時52分 → 千頭駅着 13時09分
  • 千頭駅発 14時53分 → 新金谷駅着 16時09分

運賃

乗車区間の運賃でご乗車いただけます。SL急行料金(大人800円、小人400円)はいただきません。
※全席指定となります

車内サービス

SLかわね路号と同様のサービスを実施いたします。

  • SL専務車掌(SLおじさん、SLおばさん)によるおもてなし
  • SL列車車内限定商品の販売
  • 車内写真撮影販売サービス

お問い合わせ、ご予約

大井川鐵道 営業部(電話:0547-45-4112 9時00分~17時00分)

座席指定券について

EL代走運転では乗車区間の運賃でご利用いただけますが、座席指定券が必要となります。
座席指定券はお電話でのご予約、またはご乗車当日に金谷駅、新金谷駅プラザロコ、千頭駅の窓口でお求めください。
※EL代走運転ではインターネット予約は承っておりません

お問い合わせ、ご予約

大井川鐵道 営業部(電話:0547-45-4112 9時00分~17時00分)

EL牽引列車について

EL(電気機関車)がけん引する旅客列車は大変珍しく、日本全国でも大井川鐵道井川線の一部区間(長島ダム~アプトいちしろ 1.5km)と黒部峡谷鉄道(富山県 20.1km)の2路線のみです。

使用ELについて

代走運転では、1949(昭和24)年製のE10形、1986年(昭和61)年製のE31形を充当します。
E10形は70年以上活躍する、SLにも劣らないレトロ感があります。
E31形は製造年度こそ新しいものの、台車には1950(昭和25)年製造の国鉄80系電車のものを再利用しており、歴史ある形式のDNAを引き継いだ貴重な車両です。

 

ELの魅力①外観

E10形はデッキのついた茶色の外観で、戦後の国鉄線で活躍した旧型電気機関車のような姿が特徴的です。
E31型には運転台の上についた左右対称の2灯ヘッドライトがついており、塗装は異なりますがブルートレインの牽引機として全国各地で活躍した国鉄の電気機関車を彷彿とさせます。
どちらも大きさは国鉄形の半分ほどですが、今はなき電気機関車たちにイメージを重ねてみてはいかがでしょうか。

 

ELの魅力②音

電車よりも大きなモーターを搭載し、その音は客車まで響きます。SLや電車とは異なる、重々しくも力強い音を楽しむことができます

ELの魅力③客車

SLかわね路号でも利用される、旧型客車を充当します。ELと旧型客車の組み合わせでは昭和50年代まで東北地方で運転されていた客車列車に馴染みがある方もいらっしゃるかと思います。
天気の良い日は窓を開け、全身で大井川からの涼風を浴びることができます。煙が出ないのでトンネルでの開け閉めも必要ありません。

 

その他

  • SLかわね路号の運転再開は7月6日(土)を予定しております。
  • きかんしゃトーマス号は、予定通り6月22日(土)より開始となります。
2019年6月13日

7月20日(土)、新金谷車両整備工場に新キャラクター「フリン」登場!!

トーマス号運転に合わせて新金谷車両整備工場で開催する「新金谷車両整備工場見学」会場に新しくトーマスのなかま「フリン」が登場します。
「フリン」は真っ赤なボディの特殊消防車で、線路と道路の両方を走ることができる「軌陸車(きりくしゃ)」。情熱的で、全力で人助けをすることに誇りをもっています。
新金谷車両整備工場で、フリンがみんなを待っているよ!!

登場日

2019(令和元)年7月20日(土)

場所

大井川鐵道 新金谷車両整備工場見学会場

新金谷車両整備工場見学

新金谷車両整備工場見学では、出発準備中あるいは一日のしごとを終えて戻ってくるトーマス号・ジェームス号を見ることができます。お顔を拭いたり石炭を入れたりする姿を間近で見られるのはここだけ。
今年は施設内を一部リニューアルし、トーマス号の真横で記念撮影ができるスポットや体験コンテンツの増設を予定しています。さらに、トーマスフェア入場券と合わせて記念になる「硬券式入場券」を新たに導入します。
新しく生まれ変わる新金谷車両整備工場はついついカメラを向けたくなる & 楽しく学べるコンテンツが盛りだくさんです!!

開催日

2019(令和元)年6月22日(土)~12月1日(日)
期間中のトーマス号・ジェームス号運転日に開催

開催場所

大井川鐵道 新金谷車両整備工場

受付時間

午前の部  9時00分~11時30分
午後の部 13時00分~16時30分

入場料金

小学生以上500円(記念品付き)

 

2019年6月12日

「DAY OUT WITH THOMAS 2019」開催に伴い、千頭SL資料館を「トーマスショップ」に店舗変更の為、下記の期間で休館とさせていただきます。

 

休館期間:2019年6月17日(月)~2019年12月5日(木)

 

お客さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いします。

2019年6月3日

第9回南アルプスあぷとライン フォトコンテスト作品募集!!

南アルプスあぷとライン(大井川鐵道井川線)では、2020年販売用カレンダーを製作するにあたり、掲載写真の募集を兼ねたフォトコンテストを開催します。
テーマは「四季折々 春・夏・秋・冬の井川線」です。臨場感あふれる写真をお待ちしています。

ikawasenphotocon

 

人数
最優秀賞
1名
優秀賞
(川根本町まちづくり観光協会会長賞)
1名
優秀賞
(川根本町商工会会長賞)
1名
優秀賞
(井川観光協会会長賞)
1名
優秀賞
(大井川鐵道社長賞)
1名
優秀賞
(南アルプスあぷとライン、アルル賞)
1名
優秀賞
(南アルプスあぷとライン、プルル賞)
1名

 

 

 

応募について

サイズ カラープリント四切り、デジタル写真はA4サイズの写真用紙(規格外での応募は無効といたします)
応募用紙 応募の際は下記応募規定をご確認後、「第9回南アルプスあぷとラインフォトコンテスト募集要項(PDF)」付属の応募用紙を印刷し、必要事項をご記入し、応募写真に添付してご応募ください。
審査 社内審査で決定いたします。
応募期間 2019年6月1日~7月31日(必着)
発表 入賞された方には、2019年9月中旬頃に通知させていただきます。
作品の送付先及び問い合わせ先  〒428-0411
静岡県榛原郡川根本町千頭1219-1
電話 : 0547-59-2137(月~金・9:00~16:00)
FAX : 0547-59-2143
南アルプスアプトセンター「フォトコンテスト係」
  個人情報の扱いについて  応募票に記載いただいた個人情報は、入賞通知、商品の送付など本コンテストを運営するのに必要な範囲で使用させていただきます。なお、入賞発表、展示などには撮影者の氏名を明示させていただく場合があります。
  その他  完成したカレンダーは2019年10月上旬より販売予定です。

 

応募規定

  1. 募集テーマ「四季折々 春・夏・秋・冬の井川線」です。
  2. 作品は1点ごとに、以下のデータを添付してください。画題・お名前(ふりがな)・ご住所・年齢・電話番号、E-Mail等連絡先・撮影場所・撮影年月日(判る限り)・デジタルかフィルムか
  3. 未発表作品に限ります。(二重応募は不可)
  4. 作品は、2016年以降にあぷとライン沿線で撮影されたものに限ります。(大井川本線の電車やSLは対象外です)
  5. 応募資格は特に問いませんが、応募は撮影者本人に限ります。
  6. フィルム(ネガ・ポジ)デジタル問いませんが、デジタルの場合は1200万画素以上にてお願いします。画像加工した作品はその旨をお書き添えください。(トリミング・消去・加筆・その他調整等)応募点数は5枚まで、組写真は不可とします。
  7. 鉄道や列車以外のものが被写体でも可とします。なお、「きかんしゃトーマス号」関連の入った写真は選外とさせていただきます。意図せず写りこんだ場合も船外とさせていただきます。
  8. 被写体の肖像権等は、撮影者があらかじめ了解を得てください。
  9. 応募作品は返却致しません。
  10. 応募作品の著作権は撮影者にありますが、版権は主催者に帰属し弊社の販促活動に使用させていただきます。
  11. カレンダー採用が決まりましたら、あらためてフィルム、記録媒体(デジタル)の提出をご連絡させていただきます。(原版提出の無い方は無効となります)
  12. カレンダー使用に際しては、応募者に断りなく画像処理を行う場合があります。
  13. 応募規程に違反したことが判明したときは、入賞を取り消すことがあります。

※尚、応募作品については、弊社販売目的で使用することをご了承の上ご応募願います。

 

「第9回南アルプスあぷとラインフォトコンテスト募集要項(PDF)」

2019年5月16日

『JRさわやかウォーキング 塩郷の吊り橋「恋鐘橋』と新茶の里を訪ねて』開催!!

JRさわやかウォーキング開催に伴い臨時列車を運転いたしますので、ぜひご利用ください。

開催概要

旅行期日

令和元年5月19日(日) 

参加費

大人1,500円・小人800円(金谷駅⇒下泉駅 塩郷駅⇒金谷駅 乗車運賃+急行券)

募集人員

定員の設定はございません。

集合場所・受付

JR金谷駅前広場(さわやかウォーキング乗車券特設販売所)
8:30~11:00(当日参加受付となります。)

お申込み

事前申し込みは不要です。

備考

雨天の場合は中止いたます。
最寄りのJR東海圏内の駅、もしくはJR東海テレフォンセンターへ 
tel 050-3772-3910 (6:00~24:00年中無休)

 

大井川本線列車時刻

往路(金谷駅→下泉駅)

普通電車 千頭駅行 金谷駅7:48発 → 下泉駅8:41着
臨時電車急行 下泉駅行 金谷駅8:42発 → 下泉駅9:29着
普通電車 千頭駅行 金谷駅9:01発 → 下泉駅9:52着
臨時EL急行 下泉駅行 金谷駅9:52発 → 下泉駅10:48着
普通電車 千頭駅行 金谷駅11:04発 → 下泉駅11:55着

※金谷駅8:42発と9:52発の臨時列車は、さわやかウォーキングの参加者専用列車です。また、途中の駅には停車致しません。
※金谷駅9:52発の臨時列車にはトイレの設備はございますが、その他の電車にはトイレがございません。ご注意ください。
※臨時列車の座席は全席自由席です。
※新金谷駅11:52発のSL急行(かわね路1号)にはご乗車できません。
※JR線との乗り換えもありますので、時間に余裕を持ってお越しください。

 

 

復路(塩郷駅→金谷駅)

普通電車 金谷駅行 塩郷駅13:13発 → 新金谷駅13:52着 → 金谷駅13:57着
臨時電車急行 金谷駅行 塩郷駅14:00発 → 新金谷駅14:34着 → 金谷駅14:39着
臨時EL急行 新金谷駅行 塩郷駅14:41発 → 新金谷駅15:27着
※新金谷駅で後続の普通電車に乗換え
普通電車 金谷駅行 塩郷駅15:01発 → 新金谷駅15:42着 → 金谷駅15:47着
SL急行 新金谷駅行 塩郷駅15:22発 → 新金谷駅16:09着
※新金谷駅で普通電車に乗り換え

※塩郷駅14:10の急行は新金谷駅止となります。後続の電車にお乗り換えください。
※臨時列車の座席は全席自由席です。
※金谷駅到着後、JR線のきっぷをお持ちの方、TOICAなどのICカードをご利用の方は【乗換改札口】をご利用下さい。
※臨時列車は、さわやかウォーキング特別乗車券を購入されたお客様のみご乗車できます。

  • 悪天候等によりウォーキングイベントが中止の場合、臨時列車の運転も中止いたします。
  • 臨時列車は、さわやかウォーキング参加者以外の乗車できません。

ウォーキングコース

ウォーキング
順路

金谷駅→(大井川鐵道約50分乗車)→下泉駅→久野脇発電所→三津間集落センター佐沢薬師堂→くのわき茶農業協同組合→塩郷の吊橋「恋鐘橋」→せせらぎの郷→塩郷駅→(大井川鐵道約45分乗車)→金谷駅
コースMAP(JR東海サイト)

 

その他・注意事項

  • 雨天の場合は中止いたします。最寄りのJR東海圏内の駅、もしくはJR東海テレフォンセンターへ 
    tel:050-3772-3910 (6:00~24:00年中無休)
  • 金谷駅まではJR東海道本線をご利用ください。
  • 臨時列車は、さわやかウォーキング参加者専用の列車となり、全席自由席となります。混雑時は立ってご乗車となります。
  • アップダウンの多いコースです。歩きやすい靴でご参加ください。
  • その他の注意事項はJR東海HPにてご確認ください。

ご参加の皆さまへ

  • 速さを競う大会ではありません。ご自分のペースでお歩きください。
  • 危険な行為や他人の迷惑となる行動はお慎み下さい。
  • 歩きながらの喫煙や吸い殻の投げ捨てはおやめ下さい。
  • 植物や鉱物を取ったり傷つけたりしないで下さい。
  • 歩道施設、道標等は大切にして下さい。
  • 道標に従って歩いて下さい。
  • 空き缶、紙くずなどのゴミは必ずお持ち帰り下さい。
  • 急病やケガの時は(090-9021-0819)までお願いします。

 

お問い合わせは

JR東海テレフォンセンター
電話:050-3772-3910(6:00~24:00 年中無休)

列車の運行についてなど、大井川鐵道株式会社
営業部 電話:0547-45-4112 ※前日まで対応 (9:00~17:00)
企画部 電話:090-9021-0819 ※当日のみ対応 (7:30~16:00)

 

2019年4月25日

井川線では4/27、28に臨時列車を運転いたします。

井川線臨時列車運転詳細

設定日 平成31年<4月>27日(土)28日(日)

井川線臨時列車時刻表

井川線臨時列車
151列車
接岨峡温泉 9:25
尾盛 9:33
閑蔵 9:43
井川 10:01

井川線臨時列車
152列車
井川 10:22
閑蔵 10:41
尾盛 10:50
接岨峡温泉 10:58

※接岨峡温泉で402列車千頭行に接続します

2019年4月24日

4/27~29、5/3~6に臨時急行電車を運転いたします。

臨時急行電車運転詳細

設定日 平成31年<4月>27日(土)28日(日)、29日(月祝)
令和元年<5月>3日(金祝)、4日(土)、5日(日)、6日(月祝)
運転区間 【臨時急行電車】
金谷駅 ⇒ 千頭駅

【臨時急行電車】
千頭駅 ⇒ 新金谷駅
※停車駅にご注意ください。

料金について 臨時急行電車ご乗車の際の急行料金は、不要です。

臨時急行電車時刻表

臨時急行電車
3811列車
金谷 11:26
新金谷 11:35
  ↓ 
家山  12:02
 
川根温泉笹間渡 12:09
 
千頭 12:40

臨時急行電車
3812列車
千頭 13:39
 
川根温泉笹間渡 14:14
 
家山 14:22
 
新金谷 14:47

※新金谷→金谷間は乗り換えとなります。新金谷発14:55金谷行をご利用ください。

2019年4月23日

2019(令和元)年5月1日~5月3日 かわね路号に日章旗、改元記念「令和」ヘッドマークを装着して運転します


※画像はイメージです

大井川鐵道(静岡県島田市)では5月1日、新元号「令和」のスタートをみなさまとともにお祝いするために以下の日程で運転予定のSL列車「かわね路号」に「日章旗」と「令和」をデザインしたヘッドマークを装着、「かわね路号~改元記念令和号」として運転いたします。
当社は新時代の幕開けにあたり、SL列車の運転を通じて昭和・平成と受け継いできた鉄道文化を令和時代に伝え続けてゆくトップランナーとして全国SL列車を運転する鉄道事業者をリードする存在であり続けたいという決意を再確認するとともに、安全輸送を基本とするより高品質なサービスを提供してまいります。
運転日程など詳細は以下のとおりです。

概要

日時:2019(令和元)年5月1日(水)~5月3日(金)

装着方法と運転時間    ※ヘッドマークを装着して運転いたします
新金谷駅 10時38分発 → 千頭駅11時53分着
千頭駅 14時10分発 → 新金谷駅15時27分着
※日章旗とヘッドマークを装着して運転いたします
新金谷駅 11時52分発 → 千頭駅13時09分着
千頭駅 14時53分発 → 新金谷駅16時09分着

 

ヘッドマークデザイン


 

2019(平成31)年4月27日(土)~4月30日(火) かわね路号に日章旗、「ありがとう平成」ヘッドマークを装着して運転します

4月30日に幕を下ろす「平成」に対して感謝の気持ちを込め、定期運転しているSL列車「かわね路号」に日章旗と平成をデザインしたヘッドマークを装着。「かわね路号~ありがとう平成号」として運転いたします。

概要

日時:2019(平成31)年4月27日(土)~4月30日(火)

装着方法と運転時間    ※ヘッドマークを装着して運転いたします
新金谷駅 10時38分発 → 千頭駅11時53分着
千頭駅 14時10分発 → 新金谷駅15時27分着
※日章旗とヘッドマークを装着して運転いたします
新金谷駅 11時52分発 → 千頭駅13時09分着
千頭駅 14時53分発 → 新金谷駅16時09分着

 

ヘッドマークデザイン

 

お問い合わせ

大井川鐵道 営業部 0547-45-4112
受付:9:00~17:00

2019年4月19日

奥大井湖上駅にお車でお越しの方へ【お願い】

奥大井湖上駅のビューポイント付近の、県道388号線に路上駐車をされる方が多くおられます。
この付近には、大井川鐵道路線バス(閑蔵線)のバス停「湖上入口」があり、バスご利用のお客様が安全に乗降できるよう、駐車をご遠慮いただきますようお願いいたします。

また、同付近の道路の両脇(上下線)に駐車されると、道路幅員が減少し、路線バスの運行および一般通行車両の通行を妨げることとなります。路上駐車を行なわないよう、ご協力お願いいたします。

 


遊歩道入口の駐車場

湖上入口バス停より井川方面に400mを右側に鋭角に曲がり300m程の場所に9台程駐車できる「遊歩道入口の駐車場」があります。
駐車可能台数が少ないのが難点です。※下記地図の湖上入口バス停から右側のPマークの場所です。


長島公園駐車場

湖上入口バス停より井川方面に約900m進んだ場所に「長島公園駐車場」があります。こちらには広い駐車場がありますので、ご利用ください。
※下記地図の若宮神社の北側のPマークの場所です。

 


ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

2019年4月19日

県道川根寸又峡線奥泉・寸又峡間の交通規制実施について

実施期間

4月27日(土)~5月6日(月) 10日間

実施時間

午前9時30分から午後5時30分まで
ただし、終了時間後も渋滞が予想される場合は、渋滞が緩和されるまで実施します。

その他

  • 雨天の場合も実施しますが、当該道路が雨量規制等により通行止となった場合は実施しません。
  • 二輪車及び自転車も普通車と同様に交互通行規制の対象車両となります。
  • 交通規制実施箇所でのすり抜けや反対車線に入っての追い越しは、危険ですのでおやめください。

規制区間

奥泉から寸又峡までの区間
※下の地図上で青く表示されている区間で片側交互交通規制が実施されます。

 

「夢の吊り橋」への入場規制について

「夢の吊り橋」を安全に楽しんでいただくため、夕刻以降の吊橋への入場規制を行います。

実施期間

4月27日(土)~5月6日(月) 10日間

実施時間

午後6時から翌日夜明けまで
ただし、下記の時間で一定の待ち時間が発生している場合は、新たに並ぶ方の入場を制限させていただきます。

  1. 午後4時で2時間待ちの場合
  2. 午後5時で1時間待ちの場合

その他

待ち時間がない場合でも、午後6時から翌日夜明けまでは吊り橋へ下りることができません。
お早目のお出かけをお願いします。

お問い合せ先

川根本町役場商工観光課 電話:0547-58-7077

▲ ページのトップへ戻る