C11形 190号機

2003年に大鉄で復活したSL。
緑色のプレートが目印です。

昭和15年、川崎車両で製造された車両です。昭和49年に熊本で廃車となり、八代市の個人の方が所有(静態保存)していました。
平成13年6月大井川鐵道に入線。2年近い大規模な改修を経て、平成15年7月19日営業運転を開始しました。

主要スペック

  • 全 長:12.650m
  • 全 幅:2.936m
  • 高 さ:3.900m
  • 重 量:66.05t(空重量51.69t)
▲ ページのトップへ戻る