ニュースリリース

2020年1月17日

「SLフェスタin新金谷」にて、本年11月オープン予定の施設「KADODE OOIGAWA」に展示予定のC11形312号機の 復元状況展示会を行います。

概要

 
場所

新金谷構外側線 特設会場
※普段は非公開の場所ですが、SLフェスタ開催期間に限り開放いたします。
※メイン会場⇔展示場所 の連絡バスを運転します。(10:00から15:00まで毎時00分の新金谷駅発車で全6往復運転。現地での見学約20分を含む約40分の行程となります。)
※連絡バスの定員は60名になります。先着順にご乗車いただきます。(展示会場まで徒歩で向かう場合は、新金谷駅から約20分です。)

展示日

2020(令和2)年2月8日(土),9日(日)
※SLフェスタin新金谷開催日

展示時間

10:00~16:00

 

C11形312号機について

1946年(昭和21)年製造後、旧国鉄時代は長く福島県会津地方で使われてきましたが、1975(昭和50)年1月に廃車。その後、三重県松阪市の「ドライブインあら竹」に展示されていました。大井川鐵道には1988(昭和63)年3月19日に入線。同年7月23日より営業運転を開始、川根路をおよそ228,000キロ走り抜けました。2007(平成19)年9月8日に最終営業運転を終え、以後は部品供給用として大鉄のSLを影ながら支えていました。

 

KADODE OOIGAWAについて

2019(令和元)年10月1日に起工、2020(令和2)年11月のオープンをめざして準備が進められています。「緑茶と農産物の体験型フードパーク」をテーマに、ご来場のみなさまには大井川流域の農産物や観光をはじめとした地域の魅力を体感していただける新拠点となります。

 

SLフェスタin新金谷について

本年2月8日(土)、9日(日)の2日間にわたり新金谷駅・プラザロコ付近にて開催します。C11形312号機の展示のほかにも、きかんしゃ大集合、EL添乗体験、転車台手回し体験、軌陸車体験乗車など大人から子どもまで幅広く楽しめるコーナーが充実。県内各社の駅弁の販売や、フードコートなどもございます。

 


(イメージ)※昨年開催SLフェスタin千頭の様子
▲ ページのトップへ戻る