ニュースリリース

2017年9月11日

大井川本線では、9月15日より臨時急行電車に「奥大井」の愛称を付けて運転することになりました。
「奥大井」は、昭和40年代から50年代にかけて、東海道本線静岡駅から千頭駅まで運転されていた列車の愛称です。当時は、国鉄車両の大井川鐵道乗り入れが可能で、シーズン中の週末には、東海道本線静岡駅と浜松駅から直通列車が運転されていました。
今回の愛称復活により、当時を懐かしく思い起こされる方も多いと思います。
愛称の復活により、自然豊かな奥大井地域の知名度向上につながれば幸いです。

臨時急行電車 「奥大井」の概要

臨時急行電車愛称 「奥大井」
運行開始日平成29年9月15日(金)
愛称名奥大井
当面の運転予定平成29年9月15日(金)~10月9日(日)までの、きかんしゃトーマス号の運転日と同じ(16日間)
今後は、紅葉シーズンなど多客期に運転する予定です。
運転日・運転時間については公式HP、SNSでお知らせします 。
運転する日の時刻(奥大井1号) 金谷駅発 9時41分 → 千頭駅着 10時47分
(奥大井2号) 千頭駅発14時00分 → 金谷駅着 15時17分
停車駅金谷・新金谷・家山・川根温泉笹間渡・千頭
料金乗車の際、急行料金は不要です。
(運賃のみでご乗車可能です)
車両現在、普通電車に使っている元関西私鉄の車両(南海・近鉄)を使用します。
列車は2両編成です。

 

「奥大井」とは?

奥大井地域とはおおむね川根本町以北、大井川流域の静岡県内の総称です。背後には3,000m級の南アルブスの山々がそびえ立ち、ユネスコエコパークの一部でもあります。地域内には寸又峡温泉や接岨峡温泉、井川地区など温泉地や静かな山里などが点在しています。

▲ ページのトップへ戻る